ロードカナロア以来のスプリント王者へ!ビッグアーサーの完全制圧!?

中山競馬 重賞他

ロードカナロア以来のスプリント王者へ!ビッグアーサーの完全制圧!?
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

お待ちかねの秋のG1シーズンへ突入しようとしています。

開幕を飾るのは電撃6ハロン戦のスプリンターズSです。

すでに春の高松宮記念を勝ち、トライアルのセントウルSを逃げ勝ったビッグアーサーが間違いなく断然の主役で、スプリントG1の春秋連覇という声が圧倒的です。

果たしてそれに待ったをかける馬がいるのか?

あの世界のロードカナロアが引退して以来、この古馬スプリント界は混沌としていました。

そろそろ、そのロードカナロアみたいなスプリント王者が出てもよい頃ではないかとも思えます。

フルゲート16頭に登録が20頭、ほぼ今年もフルゲートで争われるでしょう

高松宮記念2着以来ぶっつけで挑むミッキーアイルがどこまで仕上がっているのか?

シルクロードSではビッグアーサーを破った実績を持つダンスディレクターも素質的に差はないと思いますし、2連勝でCBC賞を制したレッドファルクスは、芝6F戦で2戦2勝、早くから陣営はココ目標にデムーロを確保していただけにこれまた不気味な存在だといえますね。

サマースプリントの覇者のベルカントは武豊でもなければデムーロでもなく、今回はテン乗りで蛯名騎手になりますが、オッズ的には1番人気のビッグアーサーとは掛け離れるので、大舞台に強い騎手でもありますから軽視はできないでしょう。

ブランボヌール、ソルヴェイグ、シュウジ、ネロといった夏を順調に使われてきた馬たちが上位陣をどこまで脅かすことができるかこれも楽しみですね。

そして、まだまだ死んでいないウリウリには巡り巡って今季絶好調の戸崎が跨る予定ですので、人気如何によっては好走の可能性もあると見ています



データからは?

穴馬はセントウルS完敗組に?!

過去10年の単勝1番人気は〈4・2・0・4〉。複勝率60%では高打率とは言えない。以下、2番人気〈1・4・0・5〉、3番人気〈2・1・0・7〉。2桁人気が計6回馬券圏内に入っていることを強調しておく。

 ステップ別では5勝、2着4回、3着4回のセントウルS組が最多で、キーンランドC(2勝、2着3回、3着4回)、北九州記念組(2勝、3着1回)と続く。

 春の高松宮記念の覇者で、秋初戦も好発進のビッグアーサーの高評価は当然。穴馬もセントウルSで同馬に完敗した馬の中に潜んでいる可能性が高い。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

▼またまた福永祐一の左手が上がるのか!?

出典 http://daily.c.yimg.jp

1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

恵比寿レジェンド