マカヒキ、凱旋門賞へ視界良好!!【ニエル賞】

海外競馬

マカヒキ、凱旋門賞へ視界良好!!【ニエル賞】
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

ほんの「試走」に過ぎなかった!!
まぁ、5頭立ての競馬で相手が格下の馬たちならこの勝利も当然と言えば当然でしょうね。
初めて戦う海外の馬たち、初めて走る仏シャンティイの馬場、そしてレース中に右後肢を落鉄するアクシデントもあったようですが、マカヒキ&ルメールのコンビにとっては単なる通過点に過ぎませんでした。
13年に同じダービー馬のキズナが制して以来となる日本馬のニエル賞制覇。
父、ディープインパクトが本番凱旋門賞で無念の3着、その息子に掛かる期待は大きいですが、これで本番凱旋門賞が大いに楽しみになりましたね!!

「道中はとてもリラックスして、直線で反応が良かった。ラスト200メートルはむっちゃ速かった。内の馬がしぶとかったが、ゴールまで頑張った。簡単に勝ちました。次はもっと良くなる。凱旋門賞が楽しみ」。15年にJRA騎手に転身して初の“海外勝利”を手にしたルメールの笑顔がはじけた。

 日本ダービーVの11日後、6月9日に友道調教師が凱旋門賞挑戦を表明。放牧先でもほとんど緩めることなく乗り込み、8月19日に現地へ出国。到着後も環境の変化に戸惑うことなく、日本の代表としての風格さえ漂わせていた。

 「フランスの競馬に慣れさせるのが目的」と位置づけたトライアルのG2を快勝。レース前に馬場を歩き、「硬くて、日本の馬場に近い。対応できるのではないか」と自信を深めていた友道師は「休み明けにしてはいい競馬だったと思う。一回使ったことで、さらに良くなってくると思う」と本番を見据えた。父ディープインパクトが3位入線、のちに失格と、悔しさにまみれた06年から10年。父のリベンジもかかる日本の悲願へ、大きく一歩を踏み出した。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

▼初の海外遠征もなんのその、マカヒキが凱旋門賞へ好発進!!

▼まずは無事に凱旋門賞を迎えて欲しいですね!!

▼本番凱旋門賞で落鉄なんてのは勘弁してね!

1
  • 9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

恵比寿レジェンド