公営川崎から中央の大舞台へトラストのオーナー岡田繁幸氏の野望は続く!!

馬主

公営川崎から中央の大舞台へトラストのオーナー岡田繁幸氏の野望は続く!!
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

先月に札幌で行われた札幌2歳Sでは公営・川崎所属のトラストが見事中央勢を一蹴し、先々に望みを繫げたのは記憶に新しいと思います。
マイネル軍団の総帥・岡田繁幸氏の持ち馬でもあり、今回の勝利によって栗東の中村厩舎に移籍することが発表されました。
これにより、来年のクラシックへ進出するお膳立てが整ったことになります。
岡田繁幸氏と中村調教師の出会いは厩舎を開業したばかりのころにさかのぼるらしいです。

▼打倒良血馬、中央のクラシック制覇への野望に満ち溢れる岡田繁幸氏

「あのころ、俺が知っている関係者といえば、ヤマニンの土井(睦秋)さんだけ。で、北海道の土井さんのところに行ったら、“生産をやっている人間で、とにかく馬好きの面白いやつがいるから紹介するよ”と言われて。それが岡田さんだった」

 会った瞬間、まず背の高さに驚いたらしいが、その話す内容にもビックリしたという。

「ちょっと聞いただけだとホラだと思われてしまうような話ばかり。でもクラブ法人をやりたいんだとか、いろいろな野望を話すその目がやけに真剣で輝いていて。自分で見つけた安い馬で良血を倒したいという願望も、俺がやりたいと思っていたことと同じだった。それで“一緒に頑張ろう”と意気投合したんだ」

 当時、クラブ法人をやりたい野心はあっても、資金力がなかった岡田オーナーの生産馬を預かって、競馬で走らせ、賞金を稼いだのが中村調教師だった。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

コスモバルクであと一歩届かなかったクラシック制覇へ向け岡田繁幸氏の野望はまだまだ続きます。
再びやってきた夢に向かって岡田繁幸氏&中村調教師のコンビがどこまで旋風を巻き起こすか?
トラストの今後の走りが非常に楽しみですね!!

▼弥生賞を制して皐月賞で1番人気に押されたコスモバルクだったが!

懸命に猛追するものの、前を行くダイワメジャーを捕らえきれず惜しくも2着!

1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

恵比寿レジェンド