兄弟子としての面子が丸潰れ!藤田菜七子の先輩丸山元気騎手が30日間騎乗停止!

騎手

兄弟子としての面子が丸潰れ!藤田菜七子の先輩丸山元気騎手が30日間騎乗停止!
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

「先輩、何やってるんですかぁ~!?

あれほど調整ルームで携帯電話を使用しちゃ駄目だって言われてるじゃないですかぁ...」

出典 http://mkoichi.com

これが後輩の藤田菜七子ちゃんの偽らざる本音でしょうね

やってはいけないということをどうしてやるのでしょうか?

まぁ、見つからなければいいや...という軽い気持ちで携帯を使用しちゃってるとは思いますが、やはり社会人、いや、プロとしての自覚が足らないと言わざるを得ないでしょう。

弟妹弟子の、野中悠太郎騎手や藤田奈七子騎手のお手本とならなければいけない人間なのに、何やってんだ!っていう話ですね。

今回はたまたまメールを受け取った側の厩務員がツイッター上にそれをUPしたためにバレたみたいですが

それをまたツイッターに載せる方も載せる方だし、先生の根本調教師からだってこういう事に関しては厳しく言われているとは思いますが

やはり、全ては「本人」自身の問題ですよね

1ヶ月間も馬に乗れないのですから、その間に「何故、騎手は調整ルールに入らないといけないか」ということをもう一度初心に戻ってよく考えるべきです

これに懲りて今後はファンを裏切る行為は絶対に謹んで欲しいですね

▼調整ルームと問題点!

調整ルームとは、各競馬場やトレーニングセンターに設けられている騎手専用の宿泊施設。
競馬の公正の確保や騎手の心身の調整を図ることが目的とされており、
騎乗予定のある全ての騎手は競馬法に基づき決められた時刻までに入室する義務を負う。
公正競馬をアピールするJRAにとっては、核ともいえる制度と施設である。

しかし、これまで調整ルームでは様々な問題が発生してきた。
例えば、騎手による調整ルームへの携帯電話持込みがその一つだ。
調整ルームへの携帯電話の持ち込みが問題となったのは2011年5月。
大江原騎手が調整ルーム内で行ったリツイートをファンが通報したことで発覚し、
調整ルームの有効性が疑問視されるようになった。

競馬の公正の確保を目的としている以上、
携帯電話を調整ルーム内へ持ち込ませてしまっては意味がない。
そこで大江原騎手の一件を受けて以降、JRAは調整ルーム入室時の検査体制を強化。
持ち込み検査の徹底や騎手の指導を徹底するなど、
公正競馬を確保するために新たに様々な取り組みを行うようにしたという。

だが、それでも問題は解決しなかった。
2013年6月には原田敬伍騎手が、そして今年3月にはクリストフ・ルメール騎手が、
それぞれ調整ルーム内でツイッターを行っていることがファンの通報から発覚。
2人に対して1ヶ月の騎乗停止処分が与えられる事態が発生している。
もはや、調整ルームによって公正競馬を確保することが、
困難であるという事態に直面していた。

出典 http://netathoroughbred.blog.fc2.com

1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

恵比寿レジェンド