ドバイへ行かず国内に専念するマカヒキが登場!?京都記念の考察、展望!!

京都競馬 重賞他

ドバイへ行かず国内に専念するマカヒキが登場!?京都記念の考察、展望!!
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

あの去年の凱旋門賞の敗戦から約4ヶ月半の充電期間を経てダービー馬のマカヒキがターフに戻ってきます!

ただ、別掲の出走予定表を見てみるとフルゲート18頭に対し11頭とこの時期らしい少し寂しい感じもしますね

迎えて今年は第110回目となる伝統の京都記念ですが、今年春のG1戦線を賑わしてくれそうなメンバー構成になりました。

ココにエントリーしてきたマカヒキですが、春はドバイへは行かず新設された大阪杯へと向かう模様です

凱旋門賞の前哨戦のニエル賞を含め、ほぼパーフェクトの成績だっただけにあの惨敗はショックを隠しきれないですが

今週から短期免許で来日する今回初タッグを組むRムーアの騎乗で、まずここは負けられない一戦になるでしょう。


そのマカヒキの相手となりそうなのは去年の同レースの勝ち馬でもある香港でG1を勝ってきたサトノクラウン。

去年と比べて2キロの積量増になりますが、パワーアップした今ならさほど負担になるとも思えません。

先週の東京新聞杯を勝って勢いに乗りそうなMデムーロが去年と同じく手綱を取るので乗り変わりの心配はないでしょう

この2頭に続くのが明け4才馬で日経新春杯を勝ったミッキーロケットでしょうか。

ダテにあのサトノダイヤモンドと接戦を演じてきていないというのが前走で証明されましたね

こっちは一度使われた強みもありますし、前走と同じ距離とコースなら再度の好走が見込まれるのではないかと思っています。

上記3頭は恐らく次の大阪杯でも激突するでしょうし、馬券もこの3頭の組み合わせに集中するでしょう

まずはG1へ向けてマカヒキ他有力馬がどのような競馬をするのかとくと拝ませてもらいましょう!

◎京都記念の参考レース(2016京都記念)

◎京都記念の参考レース(2016ダービー)

◎京都記念の参考レース(香港ヴァーズ) 

◎京都記念の参考レース(日経新春杯) 



■京都記念の過去データ(3年・5年・7年・10年)、京都芝2200mのコースデータ、YouTubeレース動画、「京都記念」が含まれたブログ記事(31件)など、京都記念の予想に役立つデータを無料で見ることができる便利なツールがこちら

1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

恵比寿レジェンド