騎手生活に終止符を打つ武幸四郎!最後も彼らしく人気薄の馬での激走を願う!!

騎手

騎手生活に終止符を打つ武幸四郎!最後も彼らしく人気薄の馬での激走を願う!!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

今週末は2月の最終週。

毎年のことながら今週末の日曜日は引退を迎える騎手や調教師のことで話題になります。

中でも一際目立つのが、なんといっても武幸四郎騎手じゃないでしょうか

時は1997年、今から20年前の3月2日の日曜日。

忘れもしない、デビュー二日目の新人ジョッキーが、重賞のマイラーズカップで武邦彦厩舎の11番人気オースミタイクーンに騎乗し、見事勝利に導き誰しもが驚く大番狂わせを演じました!

こりゃ~、すげぇ奴が出てきたなぁ、もしかしたら兄武豊を超えるジョッキーになるんじゃないか!?

当時、そんな想いを抱かせてくれたものでした。

あれから20年の歳月が流れ、結果的には偉大な親父や兄には遠く及びませんでしたが、彼は彼なりに頑張ってきたんじゃないかなと思います!

彼のお手馬でもあったメイショウマンボを始め、10番人気で勝利した秋華賞のティコティコタック、9番人気でNHKマイルCを勝ったウインクリューガー、8番人気ながらメイショウサムソンの3冠を阻止したソングオブウインド、そしてオークスのメイショウマンボも9番人気でした


何故か彼は人気薄の馬との不思議な縁を持ち合わせていたジョッキーでもありました!

彼にとって唯一、G1で1番人気に跨ったヴィクトリアマイルで、あのカワカミプリンセスでの惨敗は苦い思い出でしょう。

そんな彼も今週末にはいよいよステッキを置くときがやってきました。

恐らく彼の最後の花道の為に各厩舎サイドも色々と馬を用意することでしょう。

鮮烈なデビュー当時みたいに最後も彼らしく、ファンの度肝を抜くような人気薄の馬を勝利に導いて引退の花道を飾って欲しいと願っています!

●メイショウサムソンの3冠を阻止し菊花賞を制したソングオブウインド

●9番人気で激走したオークスのメイショウマンボ

1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

恵比寿レジェンド