あのモーリスの再来か!ココは良血馬グレーターロンドンの単なる通過点!?

中山競馬 重賞他

あのモーリスの再来か!ココは良血馬グレーターロンドンの単なる通過点!?
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

あのモーリスの再来を思わせる楽しみな馬が今週のダービー卿CTに出走してきます。

蹄に不安を抱えていて2度の長期休養を挟んだ良血馬グレーターロンドンが満を持して登場です!


デビュー2戦目の山吹賞こそレッドライジェルのクビ差2着に敗れましたが、それ以外はすべて快勝。

まだキャリア7戦で現在5連勝中。

右回りも左回りも関係なし、なんといっても最大の武器はその強烈な末脚!

前走の東風Sは1000メートル通過62秒5という超スローペースを、後方2番手から楽々と差し切った内容は圧巻の一言でした!

今回は満重賞初挑戦になりますが、この馬は間違いなくGIも狙える器だと確信しています。

鞍上も今季絶好調の田辺騎手、フルゲート16頭立てのレースになるのは間違いないですが、例えどこへ入ろうがあの強靭な末脚を持ってすればココも単なる通過点になるものと思われます

ただ、競馬なんで「絶対」という二文字はありませんが、目標の安田記念へ向けて更なる強さを発揮するのではないかと思っています

このグレーターロンドンに迫れる他の出走予定馬でいえば、昨年このレースで1番人気に支持されながらも8着に敗れたキャンベルジュニアだって重賞級の逸材です。

今年初戦の幕張Sを3番手から楽々と抜け出して再びオープン入り。

昨年より精神的な成長が大きく、安定して力を出せるようになった印象ですね!

中京記念を勝っているガリバルディもココへ出走を表明していますが、得意のマイルですがトリッキーな中山でどこまで走れるか?

他ではニューイヤーS2着のグランシルクはそろそろ重賞に手が届いてもいいところまできているような感じもします。

ニューイヤーSでグランシルクを破ったのがマイネルアウラートも前に行ける脚でどこまで活路を開けるか?

東風S2着のダイワリベラルは中山のマイルがベストの舞台、昨年のダービー卿CT4着、京成杯AH4着という結果からも今回も善戦してもおかしくないでしょう。

後は3才時にNZTを勝ったダンツプリウスや繰り上がりで出走してくるならショウナンアデラも穴で面白い存在かなと考えています。

恐らく、当日はグレーターロンドンが圧倒的な人気に押されることは間違いなく、頭が堅けりゃ紐荒れるの格言通り、グレーターロンドンから買うなら紐荒れを狙ってみたいレースですね

◎ダービー卿CTの参考レース(2017東風S)

◎ダービー卿CTの参考レース(2017東京新聞杯)

◎ダービー卿CTの参考レース(2017大阪城S)

■ダービー卿CTの過去データ(3年・5年・7年・10年)、中山芝1600mのコースデータ、YouTubeレース動画、「ダービー卿CT」が含まれたブログ記事(31件)など、ダービー卿CTの予想に役立つデータを無料で見ることができる便利なツールがこちら

1
  • 9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

恵比寿レジェンド