想いでの重賞メモリアル(天皇賞(春)・メジロブライト)

想いでの重賞メモリアル

想いでの重賞メモリアル(天皇賞(春)・メジロブライト)
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

日曜日に行われる天皇賞(春)の枠順が確定しました!

今年はキタサンブラック、サトノダイヤモンドという両雄の対決で注目を浴びるレースになりそうです。

この年の天皇賞(春)も、今年と同様に完全なる「2強対決」というレースでした。

年は1998年、今から数えれば19年前の春になりますね。

思い返せば、野球好きな管理人としてこの年に一番印象に残ったのはやはりコレでしょうか


セ・リーグで横浜が38年ぶりの優勝を飾りました。

そうです、あの大魔神こと佐々木主浩氏が大活躍をしましたね

そして、その年の流行語大賞に「ハマの大魔神」が選出されました。

今ではすっかり馬主が板についてきた彼ですが、今年は愛馬のシュヴァルグランが出走予定なので、恐らく京都まで足を運ぶことでしょう。

「だっちゅーの」なんていう言葉も流行語になりましたね

胸を寄せて谷間を強調するあのパフォーマンスが当時はウケましたね!


それから相撲界では大関若乃花が横綱に昇進!

貴乃花と並ぶ史上初の兄弟横綱が誕生したのもこの年でしたね。


それから、浜崎あゆみや宇多田ヒカルら大物女性歌手が相次いでデビューしたのもこの年でした。

この年は世界的に高気温の年で、世界全体の地上気温の平均は平年よりも1度以上高かったと記録されています。

そんな年のGWの最中、管理人は馬友を伴って関西へと出かけていました。

もちろんお目当ては春の天皇賞を京都競馬場で観戦することでした。

まだ当時は現在と違って、高級ホテルでも一人あたり1万円ぐらいで泊まれた大変ラッキーな時代でもありましたね

その時に泊まったのは部屋から大阪城を見渡せるホテルニューオータニ大阪というところでしたが、今じゃ3倍のお金は軽く掛かるでしょう。

そんな贅沢をしながらの旅打ちも楽しめた時代でした。

あの時の春の天皇賞は藤田慎二のシルクジャスティスと河内洋のメジロブライトとがどちらも単勝2倍台で被っており、どこから見ても一騎打ちが濃厚じゃないかという空気が流れていました。

まだ、当時は枠連と馬連しかない時代でしたが、そのどちらも2倍台のオッズで推移していました

当然、そんな馬券を獲っても嬉しくもなんともありません。

昔から割と「サイン馬券」というのに親しみを覚えていた管理人は、馬友に「GWだから、もしかしたらステイゴールドでもくるんじゃねぇか?」などと

10番人気の馬を差して冗談めいて言っていたら、それが本当に2着に来てしまうのですから競馬というのはわかりませんね(笑)

馬連の配当が47倍、今で言えばたいした配当ではありませんが、それを1000円買っていたので馬友と折半し、帰りに京都で旨い寿司を食い、新幹線もグリーン車で座り、快適に東京に戻ってきたのを記憶しています。

今年ももうその時期がやってきました。

「両雄並び立たず」という諺がありますが、この春の天皇賞に限っては一度も両雄が並んでゴール版を過ぎ去ったことがありません

果たして、その歴史は今年も繰り返されるのか?

大変楽しみな日曜日の天皇賞です。

では、その年の「2強対決」と言われたレースをどうぞご覧ください!!

▼完全な2強対決を制した1998年の天皇賞(春)の勝ち馬メジロブライト!

◎今年の天皇賞もこのようにどちらかが馬券から外れてしまうのか?

1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

恵比寿レジェンド