牝馬が勝つか、牡馬が勝つか?史上稀にみる大混戦皐月賞の展望!

中山競馬 重賞他

牝馬が勝つか、牡馬が勝つか?史上稀にみる大混戦皐月賞の展望!
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう



昨日の桜花賞では4戦無敗、単勝1.4倍の大本命馬ソウルスターリングが3着に破れてしまいました!

前夜からレース発走直前までソウルスターリングの単勝オッズの乱高下が激しかったので嫌な予感はしていたのですが、2着は外さないだろうと思い馬券を購入。

競馬に絶対はない!何度も聞いた言葉ですが、まさにその通りになってしまいましたね。

これも競馬、気を取り直して今週行われる皐月賞の展望をしたいと思います。

今年の皐月賞の目玉はなんといっても年明けデビューから無傷3連勝中の大物牝馬ファンディーナでしょう。

当日までどうなるかはわかりませんが、もしかしたらこの馬が1番人気の主役を張るかもしれません。

前走のフラワーCでも5馬身差の圧勝劇を決め、桜花賞へは向かわず、クラシック追加登録料200万円を支払っての参戦です。

48年のヒデヒカリ以来、実に69年ぶりとなる牝馬の優勝をかけて主戦の岩田騎手も力が入っていることと思います。

果たして牡馬を相手にどこまで通用するか?

こればかりは実際に走ってみないとわからないですが、このファンディーナの参戦でより面白みが増した皐月賞と言えますね。

受けて立つ牡馬勢の代表格は弥生賞勝ちのカデナと、今やローテンション的にもトレンドになっている共同通信杯勝ちのスワーヴリチャードでしょうか

前者は弥生賞で強烈な末脚をアピール、レースレベルは高いとは言えませんでしたが小回りの中山であのような競馬が出来るのであれば不利さえなければやはり優勝候補の筆頭でしょう。

そして、後者のスワーヴリチャードは過去5年で4勝を挙げる共同通信杯からの直行ローテ。

去年も共同通信杯勝ちのディーマジェスティが大外から一気の追い込みで戴冠を掴みました。

牝馬のファンディーナと上記牡馬2頭が恐らく人気を分け合うんでしょうが、とにかく今年は本番に至るまでの前哨戦はコロコロと勝ち馬が変わる大混戦。

京成杯勝ちのコマノインパルスから始まり、きさらぎ賞勝ちのアメリカズカップ、アーリントンC勝ちのペルシアンナイト、スプリングS勝ちのウインブライト、毎日杯勝ちのアルアイン、更には暮れのホープフルSからのぶっつけとなるレイデオロも参戦。

フルゲート18頭中、半分以上の馬にチャンスがあるのではないでしょうか?

とにかく今年の皐月賞は稀にみる混戦状態、枠順や当日の馬場状態によっても各馬の人気の入れ替わりが激しそうなレースになるでしょう

果たして、あのウオッカがダービーを勝った時のように牝馬ファンディーナが牡馬勢を蹴散らすのか?

それとも牡馬陣の貫禄を見せ付けるのか?

馬券的な妙味もたっぷりあり、予想のしがいも十分にある今年の皐月賞です

◎皐月賞での注目馬!


言わずと知れた去年の朝日杯FSの覇者です。

今年初戦のスプリングSでは四位から戸崎に乗り変わり、1番人気に支持されながらも出遅れが生じて4着と敗退してしまいました。

ただ、競馬をしたのは4コーナーから直線にかけてで、上がり最速タイの脚で猛然と追い込むも、休み明けということもありイマイチ伸び切れなかった印象を受けました。

あれがこの馬本来の力では決してないはず、一度叩かれた上積みが見込めるはずです。

距離が1ハロン延びて、前走の敗戦によって人気が下がるなら逆に買いたい1頭でもありますね

このサトノアレスとホープフルSから直行で出走してくるレイデオロとの2頭出しの藤沢厩舎

桜花賞では大本命馬ソウルスターリングを敗戦させた責任を痛感してることでしょう

牝馬の2才チャンピオンは負けてしまいましたが、牡馬の2才チャンピオンはまだまだ見限ることはできません

◎皐月賞の参考レース(2017 弥生賞) 

◎皐月賞の参考レース(2017 スプリングS)

◎皐月賞の参考レース(2017 共同通信杯)

◎皐月賞の参考レース(2017 フラワーC)

■皐月賞の過去データ(3年・5年・7年・10年)、中山芝2000mのコースデータ、YouTubeレース動画、「皐月賞」が含まれたブログ記事(31件)など、皐月賞の予想に役立つデータを無料で見ることができる便利なツールがこちら

1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

恵比寿レジェンド