ヴィクトリアマイルへ向け古豪牝馬が始動する阪神牝馬ステークス展望!!

阪神競馬 重賞他

ヴィクトリアマイルへ向け古豪牝馬が始動する阪神牝馬ステークス展望!!
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

桜花賞の前日の阪神競馬場では、こちらも牝馬同士が争う阪神牝馬ステークスが行われます。

1400Mという距離から1ハロン延長されて去年から1600Mになったこのレースは来月のヴィクトリアマイルのステップレース。

去年このレースで9着だったストレイトガールが本番で優勝を飾り、2着だったミッキークイーンも本番で2着するなど、前哨戦としての意味合いが強まった感がありますね!

今年は実績のある5歳馬が多く出走を予定しています。

中でも、ミッキークイーンは昨年と同じくここを始動戦に定めてきました。


3歳時に牝馬2冠を飾った同馬でしたが、昨年は4戦して未勝利。

今年こそもう1つ大きいところを獲りたいというのは陣営の思惑だと思います。

詰めの甘さが残りますが、牝馬の中に入れば地力上位は間違いないところですし、久々の差し切りが望めるのではと考えます。

一方、昨秋に府中牝馬S-エリザベス女王杯を連勝したクイーンズリングもココが始動戦。


暮れの香港カップは9着に敗れましたが、初の海外遠征で一流馬がそろっていたことを思えば悲観する必要はないでしょう。

同馬の本来の切れ味が生きるのはやはり1400~1800Mでしょうし、今回の外回りマイルは絶好の舞台といえるんじゃないでしょうか。

重賞4勝はメンバー最多タイでもありますし、牝馬同士なら上位争いは必至と見るべきでしょう。

中山牝馬Sで重賞初制覇を飾ったトーセンビクトリーも勢いなら上記2頭に負けないものを持っています。

エリザベス女王杯勝ちのトゥザヴィクトリーを母に持つ良血が、いよいよ開花してきた感じが見受けられますね。

得意の阪神コース、マイルへの距離短縮は間違いなくプラスに働くものと思います。

他ではタッチングスピーチやデニムアンドルビーといった重賞戦線の常連馬、桜花賞3着の実績があるアットザシーサイド、このレースがラストランとなるGI3勝馬のメイショウマンボの走りにも注目ですね。

◎阪神牝馬ステークスの参考レース(2017中山牝馬S)

◎阪神牝馬ステークスの参考レース(2017京都牝馬S)

◎阪神牝馬ステークスの参考レース(2016エリザベス杯)

■阪神牝馬ステークスの過去データ(3年・5年・7年・10年)、阪神芝1600mのコースデータ、YouTubeレース動画、「阪神牝馬ステークス」が含まれたブログ記事(31件)など、阪神牝馬ステークスの予想に役立つデータを無料で見ることができる便利なツールがこちら

1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

恵比寿レジェンド